自律神経失調症を効果的に治療する~サクッと症状改善~

サプリメント

オルニチンの疲労回復効果

疲労

辛い慢性疲労の原因とは

寝ても寝ても体がだるい慢性疲労、疲れが取れない原因は睡眠不足、運動不足、食生活の乱れなどが挙げられます。まず睡眠不足の状態は、日中の体や脳の疲れを回復しきれずに疲れを溜めこんでしまいます。次に運動不足の状態だと体力低下が進み、少し動いただけでもエネルギーを使ってしまい疲れやすくなります。また食生活の面では、ジャンクフードの食べ過ぎなど食生活の乱れが内臓に負担をかけてしまい、疲れが取れない原因となります。ここ最近では疲労と肝臓の関係が注目されており、寝ても疲れが取れない原因は肝臓にある可能性もあります。肝臓はエネルギー代謝や解毒作用を持っていますが、肝機能が弱ってしまうと疲労を回復する力が弱くなります。そこで、肝臓の働きを助けるオルニチンがサプリメントとして販売されています。

肝臓の回復を促す栄養素

肝臓は体内のアンモニアを分解する働きを持っています。アンモニアは疲労の原因物質であり、分解できずに体内に溜まってしまうと疲れが取れない原因となり得ます。そこで注目されるのがオルニチンで、肝臓がアンモニアを分解するために必須の栄養素です。オルニチンを補うことにより、疲労回復を促しエネルギー生産を円滑にすることができるのです。食品ではシジミに多く含まれますが、普段の食生活で十分に摂取することが難しいものです。効率的にオルニチンを摂取するには、サプリメントの活用が有効です。また肝臓の機能を助ける栄養素として、タウリンも注目されています。タウリンは胆汁の生成を助ける効果や、肝細胞の再生を促す効果があります。そのためオルニチンとタウリンを同時に摂取することで、より効果的に疲労回復を促せると言えます。